コシヒカリ通販〜美味しいお店〜

コシヒカリ通販〜美味しいお店〜

コシヒカリ通販

コシヒカリといっても、産地は様々ですね。

その中でもはやり一番美味しいとされるのは魚沼産ではないでしょうか?
ただ、やみくもに魚沼産ということでもありませんので、コシヒカリ通販.bizでしっかり学び、美味しいコシヒカリをゲットしましょう!!

 

コシヒカリについて

米が主食の日本には、「コシヒカリ(新潟県産)」、「あきたこまち(秋田県産)」、「ひとめぼれ(宮城県産)」などのブランド米があります。
この中で一番歴史が古いのはコシヒカリで、昭和31年に作られ、あきたこまちは昭和59年、ひとめぼれは平成3年なので、ブランド米の中では新しい品種と言えるでしょう。

 

お米にはランクがあって、ブランド米も「特A・A・A’」などに分かれています。
同じコシヒカリであっても天候不順などで不作の年があるので、こだわる人は「特A」を購入されるようです。
コシヒカリの名前の由来ですが、“越光”と書き、「越後の国で光り輝く」ことを願ってつけられています。
越後(えちご)の国とは、新潟県のことです。
しかし、現在では新潟県独自の米とは言いがたく、日本全国で作られています。日本を代表するブランド米となりつつあります。

 

名前にはコシヒカリとついていますが、寒さの厳しい東北と温暖な気候の九州で作られたものとでは違いがあるはずです。
コシヒカリの特徴である甘みと粘りも、それぞれの産地がこだわりをもって栽培しているため、食べ比べてみると違いがわかるでしょう。
また、あきたこまちやひとめぼれであっても、コシヒカリとほかの品種を掛け合わせているので、まったく異なるお米というわけではありません。
しかし、食べる人の中では「コシヒカリ派」、「あきたこまち派」、「ひとめぼれ派」と好みが分かれている様子です。
おかずに合わせて食べるお米ですから、和食に合う米、洋食に合う米という考え方もできますので、食べ比べてみてください。
ごはんは、硬めが好きな人とやわらかめが好きな人でも好みが分かれますから、炊き方などにも工夫を加えて美味しくいただきましょう。