無農薬と減農薬の違いとは|コシヒカリ通販〜美味しいお店〜

無農薬と減農薬の違いとは

コシヒカリ通販無農薬と減農薬

無農薬と減農薬の違いですが、無農薬については「農薬を使用していない有機栽培」を言い、減農薬は「農薬を50%程度に減らしたもの」を言います。

ただ、このパーセンテージによる表示はあいまいで、従来50の農薬を使っていた場合の半分使用で50%となりますが、100使っていた場合の半分も50%となります。
目で見てわかるものではないので、減農薬との表示があったとしても、最初の数値がどの程度なのかがわからなければ、パーセンテージだけでは不十分です。
ということで、現在は無農薬や減農薬という表示は禁止されており、「特別栽培農産物」として統一されています。

 

特別栽培農産物といっても、何で判断するかということになりますが、コシヒカリを栽培している農家がどれだけ丁寧に作っているかは、ホームページを見ればわかります。
コシヒカリほどのブランド米ともなると、販売元のホームページの中に栽培方法の詳細が記されています。
タネを撒くところからはじまって、季節ごとに田んぼを耕す様子が紹介されており、米作りにかけた一年間を消費者は手に取るように知ることができます。
無農薬や減農薬で育てていることもきちんと説明されているので、そういった生産者の顔の見えるところで購入されることをおすすめします。
それと、特別栽培されたコシヒカリには「JASマーク」が付いていますので、このマークも目印になります。

 

ところで、コシヒカリの名前の後ろに“BL”と記号が入っているものがありますが、この品種は減農薬栽培です。
コシヒカリには「いもち病」というイネに発生する病気がありますが、この病気に強い性質を持った「コシヒカリBL」を品種改良しています。
その結果、新潟県などでは平成17年の生産から、従来のコシヒカリより農薬を減らした栽培を行っているようです。
ちなみに、交配のみによる品種改良であって、遺伝子組み換えなどはしていないとのことです。
新潟県で栽培されているコシヒカリは、このコシヒカリBLという品種に成り代わっている可能性があります。