世界のコシヒカリ|コシヒカリ通販〜美味しいお店〜

世界のコシヒカリ

TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)への参加で、海外から安い外国米が入ってくるとして、参加を反対した農家が多かったのが記憶に残っています。
しかしその一方で、日本のブランド米の代表とも言えるコシヒカリを、大々的に輸出しようとする動きもあります。
米以外に麺類、パンなどを中心にした欧米型の食事になってきており、日本人の米離れも進んでいますから、今後は海外をマーケットにして売り出していこうと考える農家も少なくないようです。

 

米を主食としている国はアジアに多く、香港、シンガポール、台湾、中国、インドネシアなどでも食べられています。
しかし、和食は世界の主要都市で提供されていますから、コシヒカリも世界中に配送されています。
なかでも、日本の“寿司”は世界的に愛されており、コシヒカリもどこかの国でお寿司として握られているはずです。
中にはお寿司とは思えないような斬新なものもありますが、お米の美味しさは十分に伝わっていることでしょう。

 

これだけインターネットが普及していますから、海外からお米を取り寄せることも簡単です。
海外から注文する場合は、輸出扱いとなります。国によって関税が掛かるところや輸入許可証が必要になる国、配送時間がかかる国があります。

 

海外在住の方で、おにぎりや味噌汁などの和食がむしょうに食べたくなるという話を耳にします。海外出張をしていて、日本米が食べたくなることなどもあるかと思います。
どうせ取り寄せるなら、美味しいコシヒカリにしてはいかがでしょうか?